読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熊本地震とアスペルガー症候群

大人になって診断が確定したAS当事者の復興の記録

発達障害と熊本地震その1

熊本地震 感覚過敏

今日のニュースで災害時の発達障害者の生き辛さが取り上げられていましたが、知的障害の方なども大変な思いをなさっておいでと思います。

 

どうしても唐揚げかアイスなどのコンビニ商品を食べたい息子さんを連れたお父さんを見かけました。
息子さんは地震の影響で商品が買えないことが理解できないようで、大きな声を上げてお父さんの静止を振り切ろうとしていました。
避難所では大声を出すからとか、列に順番に並んで待てないという発達障害ならではの行動のせいで、配給物資をもらうことができない方々が多々いらっしゃったようです。
身体の欠損など見た目で分かる方への配慮はありますが、内部や精神・知的・発達障害者への理解は充分ではなく、福祉避難所の数もスタッフも少なく、認知度事態が低いので、うまく機能していないようです。

子どもたちも避難所では泣いたり、大声を上げたりするので、結構迷惑がられます。
最初のうちはみんな心の余裕がまだあるので、お互いを思いやることもできるのですが、避難が長期化するにつれて、誰もが疲れてきて余裕がなくなってきます。私もつい大声で怒ってしまったりしてしまいました。
もともと穏やかそうな人が列に並ばずに横から割り込んできたりして、トラブルになりました。
私もたまたま焼きたてパンの列に並んでいたら、甘い砂糖がかかったパンが並んだ途端、高齢のおじさんが列の横から手を出して最後の一個を握りしめました。
災害の初期段階は救援物資が充分に届かず、各家庭に保存食の備蓄があればいいのですが、甘いものなどが不足しがちです。
スナック菓子などは家にあることが多いですが、普段食べない方はチョコレートの買い置きはないのではないでしょうか?
精神科医と怒りを鎮める方法について話したら、「ストレスを感じた時は、甘いチョコレートを一欠片食べるといいですよ」と言われ、私は家に常備しています。
チョコを口の中で溶かして、気持ちを甘みとカカオの香りに集中させることで、幾分か怒りが和らぐのは本当です。あとはストレスの原因から遠ざかるのも大事だと思います。

今回の地震では多くの家屋が全壊・半壊し、最低限度の生活を余儀なくされている方々が多数いらっしゃいます。電気の利用も限られた状況で、携帯ゲーム機やスマホのゲームも争奪戦になり、兄弟など子ども同士で小競り合いをしている場面を見かけます。
こういう時は家に眠っているボードゲームなどを持ち寄るのもいいかもしれませんね。
雨の日には場所を取らないカードゲーム等。
でも子どもにとっての一番はスキンシップだと思います。
大好きな人とハグしたり、手を繋いでお散歩したり、一緒に歌を歌ったり、電気のない夜には星を眺めるのもいいかもしれません。
車も汽車も通らなくなった静かな阿蘇で、耳を澄ませば季節の鳥の歌声が聞こえてきたり、カエルの鳴き声に田植えの時期の訪れを感じたり。
きっとキャンプに行かなくても、自然を感じることができるでしょう。
自然の怖さを思い知らされましたが、自然の良さもたくさん見つけることができます。
感覚過敏の私にとって、緊急車両のサイレンの音やヘリのローター音には辟易しますが、少しでも気持ちをポジティブに持って行かなくては、薬を飲んでいても折れそうになるので、いいこと探しをしています。家族とも否定したり怒ったりするのではなく、少しでもアゲアゲで行こうと約束をしました。相手のどんな些細な事でもほめようという作戦です。
おかげで少なくともギスギスしていた雰囲気は多少和らいだと思います。

そして支援をする側としては発達障害者が安心して暮らせるよう、パーソナルスペースが確保できる避難所を設置する必要があるでしょう。最低でも紙管と紙を使った間仕切りやダンボールのパーティションは女性や乳幼児にも有効ですね。

発達障害をお持ちのお子さんの家庭では災害時にどうするかをよく考える機会かもしれません。
そして発達障害者のご家族の方々は、障害への正しい理解や普及啓発をこれまで以上にがんばらないといけない時期ではないでしょうか。

私がブログを書く理由、熊本地震

今週のお題「私がブログを書く理由」

最初は軽い気持ちでアスペルガー症候群の生きづらさを解決してきた個人的方法を公開しようと思ってたけど、日々の忙しさにかまけて結局モチベーションを維持できませんでした。

仕事が長続きせず、ハローワークや障害者職業支援センターなどいろんな公的機関を活用して、障害者枠で就職しました。


だけど障害者枠って健常者の求人に比べたら職種も偏っており、賃金も到底家族を養っていけるほどはいただけません。


だから発達障害者の多くは起業したり、家業を事業継承して、組織に所属せずに生きる方の話が多いですよね。アズ直子さんとか。

私は一日中家族といるのがしんどかったので、家業も長続きしなかったので、外で働くという選択をしました。

そして障害者福祉施設の事務職として採用されたのですが、そこも結局は上司のモラハラに遭ってしまい退職しました。


これからどうするかなぁと思っていた矢先に、熊本地震です。

複数のメディアが取材に来たので話す機会もありましたが、日増しに全国ニュースから放送される情報が減っています。


また橋が崩落し、国道と線路が消失した南阿蘇村阿蘇大橋付近が大々的に報道されていますが、北阿蘇に位置する阿蘇市の情報はあまり報道されていません。

阿蘇町の北外輪山の麓では九州北部水害の影響でたくさんの場所で土砂崩れが起き、未だに地肌が露出していたのですが、今回の地震では更に多くの場所で土砂崩れが発生し、大雨の予報の度に避難勧告のアラームがスマホから鳴響きます。

避難所となっている公民館は明後日で一旦閉鎖されますが、これからの長い復興の日々を記録として残したいという思いがあり、また県外の友人や親せきでSNSを利用していない方へも見ていただけるようにと思い、ブログを書いていこうと思いました。

これから何日続くか分かりませんが、遠くは福島やアメリカ・フランスの友人や親戚へ家族が元気なことを知らせつつ、私たちの日々の生活と工夫をお伝えしていきたいと思っています。

はてなブログの使い方もよく分かっていませんが、どうぞよろしくお願いします。

アスペの熊本地震日記160425

熊本地震

熊本地震日記その1

 

f:id:AspergerSyndrome:20160420061206j:plain

 

とりあえずアカウントがあるからという理由でブログを開設しそのままにしていたのですが、現地の声があまり県外に届かないという現状にいてもたってもいられず、身バレ覚悟で現地の声をお届けしていこうと思います。ちなみに重度のアスペルガー症候群で3月末で福祉職を退職したところです。

震災から10日目。

全国ニュースで取り上げられる内容は日毎に少なくなっていますが、ここ阿蘇西地区では上水道設備が壊滅しており、広範囲にわたって断水しております。
熊本市内も同様の場所がありますが、行政が管理している水道管が各所で破断しており、供給元から水を通水しても各所で水漏れしており、水圧が上がらないという事態になっています。

熊本市内は建物の倒壊が多く、阿蘇地域は活断層がはっきり分かるような地割れや道路の陥没が目立ちます。ひどいところでは落差2メートルもあろうかという道路もあり、各所で通行止めになっています。

用水路のU字溝も破損しており、田植えを使用にも水を通水できない、もしくは田んぼが地割れで水をはれない場所が目立ちます。
それでもトラクターが無事な農家の方はまだ使えそうな田んぼに出て、荒おこしや代かきに精を出しておられます。この時期を逃してしまうと今年の稲の作付ができず、来年の収入がなくなってしまうからです。本当にタイミングが悪く、切実な問題です。

またマンションやアパートでは建物内の配管の修理が必要な物件が多いようです。
大手賃貸物件では次に地震が来たらもう建物が耐えられませんと管理会社に断言された友人もいます。

水に関しては、地震直後、私たち家族は近くの湧水を毎日汲みに行っておりました。
また生活用水は雨水を貯めて利用していました。
洗濯、茶碗洗い、料理の下ごしらえなど雨水のカスケード利用をし、きれいな水は口に入れるものとして、汚れた水は水洗トイレの排水用に使いました。
子どもたちは下痢になったり、嘔吐が始まったので、子どもの分だけは配給のミネラルウォーターを利用しています。生水を煮沸してもやはり地震の影響で水脈が変わっている可能性があるので、安全性が確認できるまでは、用心したほうが良いのかもしれません。
実際私たちの家では地震直後に井戸水が大量に噴出し始め、慌てて桶に汲み置いたのですが、そのうちに一滴も出なくなってしまいました。地震で地下の水の流れが変わったようです。

電気に関しては、現時点では発電機車が阿蘇市内の世帯数に応じて各所に計画的に配置されており、電気が各家庭に届いていますが、それまでは合併浄化槽の送風もできず、浄化槽の能力が落ちていたようです。
そのため少しでも浄化槽に負担をかけないように使用済みのペーパーはゴミ箱を設置して、その中に入れて廃棄するようにしました。
またガソリンの発電機がありましたので、それを使って一日に一回数時間だけ送風しておきました。
発電機車は遠くは北海道電力の発電機車もきていて、担当者がツーマンセルでテントやレンタカーで休みながら燃料の補充や防犯対策をされています。
うちの子どもは地震後初めてお絵かきした際に発電機車の絵を書いたぐらい今の阿蘇ではヒーローです。この発電機車の仕組みが知りたくて、私は家のそばの発電機車を訪問して少し質問させていただきました。そしたらこの発電機車は軽油で発電しており、地域の電力使用によって燃料の消費量が変わるそうです。ただし動いている間は最小出力でも発電をし続けているので、節電はしていただきたいが、普段通りの生活をしてくださいと言われました。

トイレの問題は避難所生活ではとても深刻で、トイレと日常生活の場所を同じ靴で行き来したことからノロウイルスの集団感染が発生した避難所が南阿蘇村ではありました。
また近隣の避難所のニーズを伺った際には次亜塩素酸などの消毒薬がほしいとの声も聞かれました。
そして避難所によっては仮設トイレに長蛇の列ができています。
また県内の断水しているコンビニではトイレが利用不可となっており、緊急避難でコンビニに立ち寄ったが、トイレが使えないという恐ろしい事態が待ち受けています。
そしてトイレが利用できるコンビニでも、トイレットペーパーがなくなっているために利用できない店舗もありました。

私の家の周りの公民館を利用した避難所は27日までで閉鎖されるということでした。
また社会福祉協議会や民生委員らによってボランティアセンターが設立され26日より稼働するそうです。但しボランティアしたい方の受け入れは九州に住所のある方だけに限るそうです。

地域住民も疲労の色が濃くなっており、お話を伺う際にも配慮が必要です。
益城町ではマスコミが夜間のテレビ中継でライトを照射して非難をかっています。
ヘリコプターの騒音問題は相変わらず問題になりましたが、国道57号が崩落の影響で使えないため、ドクターヘリの出動回数が増えているのでしかたがないと思います。

ちなみにアマゾンのほしい物リストを活用しようと思いましたが、この郵便番号へはお届けできませんの表示が続いて、地震初期にはヨドバシからの日本郵便は届きました。
現在は日時指定が不可ですが、宅急便も配達を再開していますが、ドライバーさんも被災されている方が多いので、物流は相変わらず不安定です。
ちなみに佐川急便と西濃運輸は動いていないようで、センターからの電話で地震前にきていた荷物を23日までに配達しますと言われたのですが、その後音信がありません。

写真もアップしたいし、アフィリエイトもやってみたいのですが、だんだん疲労が溜まってきてて、とりあえず地域の現状をアップし続けてみたいと思います。

お知りになりたいことがありましたら、コメントください。

毎日新聞の連載で興味深いリアル30'sが出版されるみたい

就職について

毎日新聞にさまざまな30代の生きざまが垣間見られる連載があった。

リアル30'sという記事だった。

この度書籍化されるらしい。

 

新聞をスクラップする習慣がない私にとっては、単行本化は喜ばしいかも。

電子書籍で安く買えるならもっといいよね。

 

自分の境遇に当てはまることも多かったので、共感する内容が多い。

心身障害があってもなくても、さまざまな悩みに翻弄され、もがき、苦しんでいる人たちが大勢いることに気づかされる。

苦しんでいるのは自分一人ではない。

世代は違っても今の生きづらい時代の根底にあるモノは同じではないだろうか?

自殺者は年間三万人、未遂を含めたその予備軍はもっといる。

そんな殺伐とした時代に、自分以外の他者はどうやって生きようとしているのか?

興味がある人は一読することをお勧めしたい。

 

アスペルガー、初めての就職に失敗(編集プロダクション編)。

就職について

アスペルガーの診断確定前に、初めて就職をした時のことを書きます。

 

大学ではまともな就職活動をせず、自分は写真関係の仕事で食っていくんだと息まいていました。

 

でも就職難の時代。そんな甘い考えは通用しません。

縁故採用の話も断って、おいしい仕事に就くのを自分から放棄していました。

多分アスペ独特の、不正なことはしないという自分の中のルールに、コネで入るというのが許せなかったんでしょうね。

 

そして就職できずに焦っていると、あま~い話がころがってきました。

 

インターネットが今ほど発達していない時(今は無きブラウザ・ネットスケープがある頃)、写真家になるより編集の仕事に就いて本を出した方が早いよという誘惑に負けて、不安定な個人事業主の編集プロダクションと雇用契約を結びました。

今ならその事業主の個人情報や出版物などを調べたり、評判を下調べできると思うのですが、そんなことはまだ不可能な時代でした。今思えばまだまだひよっこだった私は、したたかな大人のずるい考えを見抜くことができませんでした。

 

雇用契約を見ると期間の定めがすごく短く、今でいう契約社員のような状態でした。しかも試用期間の明確な定めがなく、諸条件として、私に何らかの精神的・肉体的被害が出た場合にも責任を一切負わないという事業主にとって都合の良いことばかり書かれていました(今でもその契約書は同じ失敗をしないために大事に保存しています)。

 

最初の頃は何もかもが新しく輝いて見えました。

自分が制作に関わった物が、社会に流通しているのを見るとそれまでの苦労なんて吹っ飛びました。制作物に名前が載っているだけで、それはもう有頂天でした。

 

でもそれは長く続きませんでした。

本の取材旅行でヨーロッパ各国を巡る旅という企画が決められました。
私は3ヶ月かけてドイツから西の国々をリュック背負って 一人旅です。

海外なんて行ったことがなく、多少不安があったのですが、仕事だからといわれれば、その企画いいですねと言う他は無く、行きたくもないのに行くハメになりました。

 

そしてその旅行費用は会社と私が折半。しかもこの旅行が成功に終わって、本が出版できたら正規採用と会社に都合がいい話ばっかり。でも新卒ですぐ失業してしまうのを恐れた私は行くしかなく、親に大金を借りて出発するのでした。

 

当時は猿岩石の旅が「すすめ電波少年」で放送されていた時代です。

私は当初はパートナーと離れるのが辛く、でも仕事だからと自分に言い聞かせ、シャルルドゴール空港に降り立ちました。

そしてソルボンヌ大学のそばのホテルに宿を取り、翌日からの宿探しをはじめたのです。パソコンもスマホも使えない時代。iのマークのインフォメーションへ行き、片言のフランス語で料金を伝え、近くの宿を紹介してもらいます。歩いて行ければユースホステルを選びます。

でもコミュニケーションに障害のある私には、ユースホステルで他国の宿泊客と仲良くなって行動を共にすると言うことができませんでした。

残念ながらお酒もあまりいける口ではなく、イギリスやアイルランドへ行ってもパブで一杯というスタイルがなじめず、水代わりにアルコールを飲む文化に徐々にストレスがたまっていきます。炭酸水があるお店が救いでした。

 

旅の話はいつかまた書くとして、就職の話に戻ります。

 

フランス、アイルランド、イギリス、オランダ、スイス、北イタリア、南フランス、スペインと回るうちにだんだん精神的に不調になってしまいます。日本語が使えず、英語もあまり通用しない地域を一人で回っているとなんだかおかしくなりそうです。夏目漱石が留学中に不調になった理由が分かるような気がします。

しかも夏の熱い日差しで、肉体的にも疲労が蓄積します。

デジカメのない時代、一眼レフカメラに大量の予備電池、そして大量のフィルム。

収集したパンフレットや雑貨たち。荷物の重さもだんだん私を苦しめます。

 

そしてスペインで精神が限界に。。。

 

これ以上続けていたらこわれそうだった私はパリへ戻り、飛行機の空席を待ち続け日本へ帰りました。

 

そして気力を回復するのにゆっくりパートナーのそばて心を休めていました。

もうこの時は治療を要する鬱状態だったみたいです。

 

でも事業主が帰国してからの発言に、私は追い打ちをかけられ、社会の厳しさを思い知らされたのです。

 

「取材旅行を中途半端に帰国したのだから、契約不履行で解雇。
(旅のヤラセを棚に上げ)猿岩石の二人を見習え」と叱責されます。

(ヤラセ無しでも、二人旅ならもっと楽だったと思います・・・) 

そして今でいう新卒切りに遭いました。大学卒業してわずか半年で失業してしまいました。私は故郷の親に合わせる顔がなく、どうにかしてこの街で生きていこうとあがくハメになるのでした。

 

そして解雇しておいてさらにひどいのが、「君は大企業に入って、社会人としての常識を教育してもらった方がいいよ」という言葉にはじまる人格否定など退職する者に容赦ない言葉を浴びせます。

 

さらに事業主に都合のいいのが「マック(当時はフリーズすることが多かった)のメンテナンスに関して月額1万円でサポートしないか?」というお金に困った私を利用する発言です。しかも定額制で時間を問わず、月に何度でも出張サポートせよという条件です。私もそれ以上その人と関わるのは辛く、さすがに断りました。

 

そんなこんなで旅の疲れもあり、解雇された直後から精神的不調が表面化しはじめ、精神科通いが始まりました。今でも、極度の鬱状態の発症原因はこの事業主と業務内容にあると思っています。ですので当時の契約書や資料などは保管しています。いつかできるならば、事業主から失われたモノを取り返したい思いが消えません(当時は契約書は絶対だと思っていたので、裁判することはあきらめていました。今はそうは思いませんが・・・)。

 

当時の嫌な記憶がフラッシュバックすることも多く、今でも時折苦しんでいますが、新しい記憶を増やしていくことで、古い記憶を薄めていくしかないんでしょうね。

 

私からのアドバイスとしては、雇用契約書はよく読んで、分からないところは調べたり、聞くなどしてからサイン。考える時間を与えず署名捺印を強要するような態度や正社員への登用をちらつかせながらの条件の違う雇用契約には気をつけてください。

これから就職する新卒の人は、おいしい話にはうらがあるので注意して下さいね。

 

アスペルガーの人は一人で判断しないで、誰かと相談しましょう。

しかるべき人がいなければ、公的機関(発達障害者支援センターや障害者職業センター)を使いましょう。

あと職業適性検査は早い段階で調べておいた方が、失敗が少ないと思います。

転職を繰り返すとだんだん条件が悪くなることが多いです。失敗を恐れずチャレンジすることも大事ですが、アスペの人は慎重に行動した方が、後悔が少なくてすむかもしれません。

 

また就職の失敗については書いていきます。

アスペのスポーツ音痴(水泳編)

運動機能について

昔から人と変わってる点は、自分の身体の使い方がうまくないということでした。

 

鉛筆を普通の人のように持てず、お箸の持ち方もちょっとおかしかったり。

鉛筆は矯正半ばで挫折。お箸はなんとか普通に持てています。

 

極めつけはボールをオーバースロー(男投げ)で投げられないこと。

そして水泳のバタ足が上手にできないこと。

スポーツがだんだん嫌いになるのも仕方ありませんでした。。。

 

当然団体競技はだめなんですが、個人競技ならいいかなと空手を習いはじめました。

空手は瞬発力系のスポーツなので、性に合っていました。

仲間と一緒にやる演武とかは苦手でしたが、年上のお兄ちゃんに組手で相手をしてもらうのは楽しかったです。

 

球技の方は男投げができないから飛距離も伸びず、どのポジションもできないのでベンチウォーマーでした。悲しいかな自分がいるせいでこの試合に負けたのではないかという自責の念に、もう小学生の頃から囚われていました。

 

水泳ができないのはかなり屈辱的、何度練習を重ねても息継ぎがだめ。

昔合った臨海学校で海で泳いだその夜に、突然目が見えなくなるという症状に襲われてしまいました。第三者から見ると目は開いているらしいんですが、身体が水泳を拒否しているらしく、私の脳みそには何も光が入ってこない真っ暗な状態しか情報が届かないんです。こんな体験は初めてでしたが、防衛本能が引き起こしているんだろうと思えてきます。

いつの間にか人混みが苦手になってしまいました。

感覚過敏

今日は用事を済ませに外出しました。
ユニクロの買い物客の多さにびっくり。
どうして平日にこんなに人が集まるんでしょうか?

 

そしてユニクロの駐車場はベンツやゴルフなどの外車からファミリーカーまで、いろんな車種でごったがえしています。昔のユニクロなんて安かろう悪かろうだったんですが、時代は変わるもんなんですね。学生時代になぜかユニクロでセールしていたショットのシングルライダースは未だに大事にしています。

 

おそるおそる店内に入ったけど、情報が多くて処理できません。

都会が苦手な私にはやっぱり通販しかないみたいです。

でも我が子と妻のために特売のヒートテックインナーを購入して帰りました。

 

再び都会で生活できるように、人混みに慣れるために、練習の意味をこめて外出してるんですが、未だに慣れません。あんまりきつくて外に出ると同時にリスパダール水液を飲みました。

 

しかも天気良くなってきたのにサングラス忘れてしまって視界が辛いです。

 

寒くなってる来ると精神的にもまいりがちですが、大切な人たちのために私の思いをこのブログに残していこうと思います。