読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地震とアスペルガー

大人になって診断が確定したAS当事者の復興の記録

タイタンフォール2こそ初心者に優しいオンラインゲームだよ。

以前書いたタイタンフォール2への個人的要望が地味に反映されていて、オンライン対戦のオープニングで単調な日本語でのカウントダウンが無くなりました。

お陰さまで自分の脳内で草薙少佐のカウントダウンを妄想したりできます。

 

 

 

 

私事ですが、最近やっとこさレベル50に到達できました。

PCでやってた時はくじけそうになったのですが、据え置き機だとカジュアルにプレイできました。

コントローラーの操作性は、PS4よりXboxのコントローラーの方が快適だったのですが、黒箱のコントローラーは重量が重たいので、長時間は疲れました。

それとサラウンドヘッドセットでやるとどの方向で今バトルが起きているのか分かるので、PS4のエリートヘッドセットが大活躍です。

 

そしてタイタンフォール2とバトルフィールドなどの違いは初心者でも地味にレベル上げができること!これに尽きます!

エイムが苦手でも、自分のプレイスタイルに合ったメイン武器を選んで、とりあえず突撃していけば、何とかなります。

 

私のプレイスタイルは消耗戦オンリー。

というかPCだと拠点制圧が多かったのですが、消耗戦以外を楽しもうとマッチングするんですが、タイタンが使えないパイロット戦すら人数が集まりません。

私、普段はお昼間仕事に行ってるので、夜遅くまでやることもできず、海外サーバーとのラグを気にしながらするのも無理なので、一日3試合までと決めてるんですよね。

待ち時間で10分とか無理だし。

 

仕方なく消耗戦をしているのですが、既にG2と呼ばれる一度レベル50まで到達して、パイロットを再生という最初からやり直すプレイスタイルの猛者が結構います。

普段どれぐらいの時間を割いてやってるのか興味がありますが、彼らはまるで舞を舞っているかのように軽やかに弾をよけます。

同じゲームの中なのに、すごい力の差を感じます。

長距離でのエイムも負けちゃうので、唯一勝てるのは急に出くわしたときの格闘です。

これで結構勝てます。

 

あとはチームメイトがどんな人が割りふられてくるのかに尽きますね。

10分間集中出来ない方などはたまにキルされた後に再生して呆然と立っていたりします。思わず目を覚ませと近寄って格闘ボタンをして通り抜けます。

 

タイタンフォール2はやりこみ要素があって、いろんなタイタン用武器、パイロット用武器、そしてタイタンのカスタマイズが可能です。パイロットが使用する武器はレベルが上がる毎に様々なMODと呼ばれるオプションを装着することが可能で、それによって武器の弱点を補うことができます。

装弾数の低い武器でも弾薬増加のMODを付け足して無双したり、プレイスタイルをカスタマイズすることが可能です。

一時期はまったのはタイタンを強化オートタイタンと呼ばれる自動運転モードにして、敵と戦わせ、戦闘中の敵を死角から挟撃して楽しむなんて事もできます。

 

強いチームの動きを拝見していると、索敵するメンバーやツーマンセルで行動していたり、カバーリングができているお方は結構強いです。

逆に団子状に固まっている方々は連射出来る武器やグレネードなどの餌食で、一網打尽になっています。

 

あとエイムが苦手な方向けに様々な武器があるので、自分のスタイルに合った武器でひたすら経験値を稼ぐというのも面白いと思います。

 

パイロットでは、スマートピストルというモードがあって、セカンダリウェポンが自動照準のオートマチックピストルになります。但し弾数限定。

これでうまく立ち回れば普段勝てない格上のパイロットに勝つことも可能です。

 

タイタンフォール1と比べて変わったなあと思うのは、前作ではパイロットが戦闘時に使うアビリティは戦闘終了後にいろいろなカードとしてゲット出来て、ダイスロールというMODでいつも適当に3枚のアビリティが使えるようにしていました。

でも2ではパイロットのアビリティは一つしか選べないので、戦い方が少しだけ限定的になりました。

 

ちょっとした不満はありますが、過疎っていたPCでのプレイに比べたら、今わずか1200人ほどですが、夜になれば待ち時間なくプレイできるという点で、2の残した功績は大きいと思います。

 

そしてまだ未プレイだったり、プレイスタイルが定まっていない方は現代戦ではあり得ない武器やアビリティを駆使して、ガンガン前に出る事が許されるタイタンフォール2こそが初心者に優しいオンラインゲーだと思います。

 

フィールドも広いし、芋っててもつまらないので、相手の裏をかきながらリベンジキルを決めたいですね!

 

下手でもそれなりに楽しめるTF2は春休みに是非プレイして下さい。

バトルフィールドでくじけた人も、来てくださいね!

 

以上ASDでした。